仙台デリヘルで東北支援


仙台を支援しよう。
我々小市民にできる支援というのは、結局のところお金をつかうということ。
経済効果により間接的に仙台を支援するのだ。
なぜならば、現金の寄付というのはもう足りているし、全額現地に届くわけではないのだ。
支援団体により半分以上も経費として抜かれる場合だってあるのだ。
これは被災利権、寄付利権ともいうべきものだ。
だからそれが許せない人にとっては、直接仙台で消費をすることが一番の近道。
よって、仙台で消費をしようではないか。
消費にもいろいろあるが、やはりお金を消費した分、最消費してお金の循環がよくなるところにお金を流したい。
となればやはり若い女性にお金が流れるべきだろう。
女性というものはお金をガンガン消費してくれる存在だからだ。
私達が女性に直接お金を流し込むには、水商売しかないのだ。
とくにデリヘルなんかで消費するのが一番よろしいかと存じ上げます。
そしたら地域の商店にもお金が流れ込む理屈。
女性は物欲、食欲もすばらしいし、住居欲もあるので、ブランドバッグを買い、高級レストランで食事をするだけでなく、地域の名飲食店で豪遊してくれるからだ。
こんなに地域密着でお金を消費してくれるのは若い女性しかないのだ。
さあ、どんどん若い女性にデリヘルでお金をつかって、投資しよう。
さて、どうしてデリヘルが良いのかというと、風俗業は半分、店によっては半分以上のマージンバックがあるため、2万円お店で消費したら、最低でも1万円は女の子の懐に直接はいるというもの。
キャバクラとかだと所詮時給なので、数分の一しかお金が流れないからだ。
さあ、どんどんお金を使おう。そして東北支援をしよう。まずは仙台から支援だ!

風俗店の新着情報

◆詳しくはオフィシャルホームページまで